英語が出来ると仕事の幅が確実に広がる

英語が出来ると仕事の幅が確実に広がる

グローバル化が進んで英語を話せる人が増えてきている世の中になってきてはいますが、それでもまだ英語を話せる人というのはまだ多くはない実感があります。

だからこそ英語が話せることによって手に入るメリットはそれなりにまだ多くあります。具体的にどんなことがあるのでしょうか?

例えば仕事において英語が話せるだけでやれることが広がります。海外担当などは英語が出来ないと難しいですからね。

他にもメリットは多々あるので出来るのにこしたことはないと思います。

どのようなメリットを享受できるのか調べてみたのでご覧ください

英語が出来るメリットとは?

何を持って英語が出来るのかというと難しい部分がありますが、ここでは英語がネイティブ並みに話せてなおかつそれを証明する手段を持っているということにしましょう。

証明するというのはテストなどで得た資格を持っているということです。

そういう状態だとどのようなことが出来るか見ていきましょう。

就職や転職で有利になる

大手企業やグローバル企業に入社するとなると英語力がないと入社できないケースが多いです。

例えば、社内公用語を英語にしている楽天はTOEICの点数が一定を越えていないと入社出来ませんし、外資系企業も同様にTOEICのスコアが入社の条件になったりしています。

このように一定の企業に入社するとなると英語が話せないとなると実力を発揮する前に土俵にすら立てないということです。

もしやりたいことがそういった企業にあるとするなら英語が出来ないということで夢が叶えることが出来ないということになります。

逆に英語が出来るということだけでやりたいことの選択が増えるということなので有利ですね。

さらに英語が出来る人材はまだそこまでいないので欲している会社は少し英語ができるくらいで有利な条件で入社できて、収入、つまりは給料もよくなります。

収入も上がり、選択肢も広がる

選択できる仕事が増えるということはいいことです。自分に合わないということがあれば辞めて別の選択肢を選ぶこともできますし、収入も上がるので人生が豊かになります。

現実問題として英語が出来るだけで仕事という面を取っても英語ができるということで相当有利になるのがわかったと思います。

そういうことが確実にわかってきてる方が多いので増々英語学習も増えていきますし、企業も社員に対しての英語教育に力をいれています。

TOPページを見る