日本人はどうして英語が苦手なの?

日本人はどうして英語が苦手なの?

長い人にとっては中高大学と10年間も習い、さらに塾などに通うこともあるのに喋れないという英語。それはどういう理由があって話せないのでしょうか?

教育の仕方に問題があるとか日本語の文法的な問題があるとか様々なことが言われています。

日本人が英語が苦手な理由がわかれば、英語を学ぶときの参考になることは間違いないのでその理由をみていきましょう。

日本人と英語の相性が悪い理由

一体どういう理由があるのでしょうか?これは多くの理由がありますが、代表的なのをあげていきその理由を説明していきたいと思います。

日本語と英語が言語として違いすぎる

直感的に理解することが難しくて習得するのに時間がかかるというのはあります。これはヨーロッパの方と比べると日本人は圧倒的に不利となっています。

確かに英語はラテン語から派生している部分はあるので似ている言語はそれだけ覚えやすいでしょう。

英語を使う環境にいない

日本人は基本的に日本語を話していればなんとか過ごせる国です。生活していく上で英語を特に出来なくて生きていけます。

他の国でも言えますが、日本は大きくお金を稼ぐときでも英語を喋ることが出来なくても稼ぐことは出来ますからね。

日本市場の強さもあってあまり使う環境にありません。

観光業が盛んな国であったら覚える必要もあるのですが、多くの人にとって無縁なことです。

英語教育が実践的ではない

話すことを目標にして作られていないので、勉強をしても中々話すことも出来ないです。

そもそもスピーキング、要するに話す訓練がされないので、発音が駄目すぎて英語が通じなくて英語恐怖症になってしまう方も多いです。

強制的に英語を使わないといけない海外で仕事をしている会社員は強制的に話せるようになるのは危機感もあるからということが伺えます。

日本にいながら英語を話すには?

日本にいながら英語を話せるようになるというのは中々困難なことだと言えるのが、話せない理由からわかることだと思います。

それでもしっかりと学んで英語を話せるようになっている方がいます。それはどうしてかというと学び方が鍵です。特殊な勉強方法をしているので、英語を話すための手段で学んでいます。

それがメンタル英会話コーチというのは言うまでもないです。

やはり英語を話すためのカリキュラムを知っているのは強いですよね?帰国子女や留学生でもなくても話せるように確実になります。

TOPページを見る