本人の英語の発音が悪いのはしょうがない!?

本人の英語の発音が悪いのはしょうがない!?

海外旅行また道で歩いている外国人と話さなければならない瞬間はあります。彼らも私たちの英語レベルがそんなに高くないのを知っているので、凄い簡単な言葉で話してくれます。

そこで外国人が何を言っているかということはかなりの確率でわかります。そして何を言えば答えになるのかもわかります。

やっと待ちに待った英語を使う機会だと思って話します。そうすると相手からは不思議そうな顔をしています。そして元と同じ質問が返ってきます。そして結局通じず、逃げるようにその場を立ち去ってしまうでしょう。

さてこのケースだと何が問題か?答える英語が違っていた?そうではなく実は全て正しくて発音がめちゃくちゃだったから彼らが聞き取れなかったというのが答えです。

そう日本人にとって英語の発音は非常に難しいです。それを克服してしっかりと話せるようになりたい方は是非読んでください。

日本人が英語の発音が苦手な理由

これはもう簡単に日本語を使っていて日本語用の耳になっているからです。日本語というのは平易な言語なのでアクセントがおかしくても通じてしまいますし、特に舌先や唇を使って発音することがありません。

しかし英語はアクセントがデタラメだったり発音がおかしいと別の意味になってしまうのでこのあたりがかなりシビアです。日本語特有のカタカナ発音で挑んだらネイティブでもわからないでしょう。

そういった背景がありますので、日本人は英語の発音を非常に苦手としています。さらに耳が日本語用の耳になっているので発音の違いを聞き取ることが出来ないケースもあります。

しかしこれは徹底的な訓練によって直すことは出来ます。日本人が間違いやすい発音などを注意していけばそれなりに通じる英語になります。努力はもちろん必要ですけどね。

英語の発音が苦手な日本人ですが、諦めることなくやればなんとかなります。ただし、逆に英語を知っている人だと自分の英語の発音が酷いというのを理解しています。

そのため話そうとしません。おかしいのが許せないのでしょうね。しかしこの状態だと成長しませんので、上手くなりません。

逆にカタカナ英語で通じなくても堂々と話しているかたのほうが将来的には英語が上手くなる可能性を秘めております。

この度胸こそが大事と言えるわけですね。

発音を克服するには?

それはもう喋る、そして直してもらうしかありません。

下手なのは誰しもがわかっています。

そこからステップアップ出来るのがメンタル英会話コーチとなるわけです。

TOPページを見る